デザインやイラストが美しく表現できる印刷方法としてオフセット印刷があります。

印刷の種類はオンデマンド印刷、デジタル印刷、軽オフ、熱昇華型プリンター等たくさんの方法があります。
オフセット印刷は本やパンフレットなど、広く一般に使われている印刷方法です。

オフセット印刷をするにはまず、データを作成します。
出来上がったデータを印刷業者に渡し、データを入稿します。

入稿したデータは印刷用に形を整えて、イメージセッタという機会で出力します。

出力したフィルムを元に雛形をつくり、印刷に使うインクをセットします。
完成した刷版を使って、名刺を印刷します。
一度印刷し、色の微調整を行いながら、データに修正があれば修正をします。
微調整が終わった後に最終的な本印刷を行います。
一枚の大きな用紙に印刷を行ったあとに名刺サイズに裁断して完成です。

名刺はサイズが小さいので細部にまで注意して印刷しないといけません。
名刺印刷は機械化が進んでいますが、まだまだ人の手を使わなければいけない部分が多々あります。

名刺に使う台紙はもとは白です。
再生紙を使わない綺麗な白色でないと名刺力の高い名刺は作れません。
近年では環境保全の観点から再生紙を使った名刺も増えてきています。